ホーム > 組合員向け情報 > 「リース・割賦(延払)」助成制度

組合員向け掲示板

「リース・割賦(延払)」助成制度

日米連「リース・割賦(延払)」助成制度

1.リース助成の対象者・・原則として各都道府県商業組合等の組合員。

2.申請方法
(1)申請期間・・随時
(2)助成対象限度額・50万円以上(物件の購入代金・工事費用・消費税等の合計額)
(3)申請に必要な書類
 1) 精米設備の場合
  ①助成金申請書
  ②見積書
  ③原則として、合計金額が500万円以上の場合決算書3期分(勘定科目明細付)
 2) 自動車の場合
  ①助成金申請書
  ②原則として、金額に関わらず決算書3期分(勘定科目明細付)
 3) 助成額
  ①精米設備等は、物件の取得価格の1%(工事費用・消費税含)
   (例) 1,000万円の精米設備(設置費用・税込)の場合10万円の支給になります。
  ②自動車は、金額にかかわらず、軽自動車タイプ2万円、それ以外の自動車に
   ついては3万円の支給となります。

3.事業の仕組みと流れ
(1)精米設備等の場合(三井住友ファイナンス&リース株式会社との契約となります)

(2)自動車の場合(住友三井オートサービス株式会社との契約となります)

4.助成対象機械・装置
(1) 精米本機及び関連装備
(2) 集配設備
(3 炊飯設備
(4) 低温保管設備
(5) 食味分析装置
(6) 販売管理用CP等
(7) 自動車(自動車は原則として4輪車とします)

5.注意事項
(1) 本事業は日米連の独自事業であり、役所は関与していません。よって、従前の補助事業にあった農政事務所による物件確認等はありません。
(2) 既存の導入設備や中古物件は対象になりません。
(3) リース契約をされた場合、リース期間終了後のリース物件は指定リース会社との相談になります。再リース料は助成対象になりません。
(4) 支給額の1%は100円未満切捨てとします。
(5) 指定リース会社の審査の結果、お取り扱いできない場合がありますのであらかじめご了承願います。
(6) 郵送で、申込書、見積書を送付する際は、必ずコピーをおとり下さい。
(7) 日米連は、組合員確認のため申請書を組合備置(日米連通信含む)きとし、組合と適宜連絡をとります。
(8) リース契約以外の契約を選択する場合、自動車は割賦、精米設備は延払いとなります。

ダウンロード

「リース・割賦(延払)審査お申込書兼同意書 (兼 助成金申請書)」がPDF形式にてダウンロードできます。

Get Adobe ReaderAdobeReaderをお持ちでない方はこちらのバナーをクリックし、
ダウンロードしてからご覧下さい。
ページの先頭へ戻る